J-NES株式会社からの案内

省エネルギーと省コストの両立実現に向けて!!

 

環境問題が広く認知され、「エコ」と言うキーワードのもと、問題解決へ向けて政府、企業、個人へと波及しています。「エコ」が普及することにより環境問題の意識も高まってきました。

ところが最近気になるのは、「エコ」の名のもと高額な費用を要する物が次々と提案されており、また後押しする政策もありさらに拍車をかけています。ほとんどの物が「エコ」を唱っており、便乗商法まで出て来た始末です。

 

問題の解決は短絡的な物の売り買いだけではできません。長期的な省エネ化ビジョンとエネルギー使用者のアクションが必要になってきました。本腰で長期的に取組むには、関係者にしっかりとした利益を生み出すビジネスの枠組みが必要ではないでしょうか。初期費用が高額で償却期間の長いものや、検証ができないものでは、中小企業の多い日本では経営自体を脅かしかねません。

ビジネスの観点から見れば費用対効果を正確に計算し、無駄な出費を抑えなければなりません。省エネを行う事自体は素晴らしいのですが、これに利益の追求とがリンクすればさらに省エネ活動自体発展していく事でしょう。

今後は、あらゆるビジネスパーソンにおいて環境を織り込んでいく事が求められます。そうなったときに環境問題解決とビジネスとが両立できるビジネスモデルが必要になる事でしょう。

    

J-NES株式会社では、各企業、各自治体に最適な省エネビジョンと省エネプランで光熱費コストの削減を図り、省エネと省コストの両立を提案いたします。

 


                             


              J-NES株式会社

    代表取締役社長 中西   英文